top of page
検索
  • 三好 雄介

少し役に立つ話

2022年4月から全ての企業に義務化されたパワハラ防止法。実は、実施しなくてもほぼリスクはありません!

強いて言うなら万が一パワハラがあった場合、100%会社の責任は追求されるようになりました。事業の規模に関わらず数百万〜数千万円単位の賠償金が多いようです。

対策をしっかりとしていた場合、会社の責任はなしとの判決もあります。


ここからが役立つ話。

実はパワハラのみの賠償金は10万〜多くても200万円程度。いざパワハラで訴えるとなるとその他の諸々の会社の内部事情や炎上も交渉材料にされ、結局数百万円で示談。このパターンが急増中です。

労組がないと安心している経営者の皆さん、ユニオンなら従業員個人で加入できます。

『百害あって一利なし』

パワハラは一度発生すると、金銭だけではなくその他の社員の退職、風評被害、採用難も覚悟してください。

 逆にパワハラ対策の内容には、評価制度の見直し、社員への教育、規則の策定など企業成長に欠かせない要素がたくさん入っています。

これを機会に、ぜひ『会社の人間関係の対策』に本腰を入れてみませんか?




閲覧数:36回0件のコメント

最新記事

すべて表示

【管理職としての心がまえ】

【管理職としての心がまえ】 決断をためらわず、果断に行動する。 責任を全うし、チームの成功を最優先に考える。 失敗を恐れず、挑戦を受け入れる。 リーダーシップを発揮し、目標達成に向けて率先して努力する。 ビジョンを明確にし、方向性を示す。 チームメンバーの能力を引き出し、育成に努める。 変化を受け入れ、柔軟に対応する。 時には厳しく、時には温かく接する。 常に成長し続け、自己啓発に努める。 目的に

α世代への指導の秘訣: デジタルネイティブと創造性を尊重するアプローチ

こんにちはみなさん!今回は、新たな世代「α(アルファ)世代」への指導についてお話ししたいと思います。α世代は、2010年から2024年頃に生まれた世代を指し、Z世代の次に続く新たな世代です。彼らは、デジタルネイティブとして育ち、個性を大切にする傾向があります。では、このα世代への指導にはどのようなアプローチが効果的なのでしょうか?さっそく見ていきましょう! 1. デジタル技術を活用した学習環境の提

生成AIに書いてもらいました!

みなさん、こんにちは! 今日は、私たちのベンチャー企業がどのようにして優秀な幹部を育成してきたかについてお話したいと思います。 人材発掘と育成: 最初に、優秀な人材を見つけ出すことが重要です。私たちの会社では、採用プロセスにおいて、ポテンシャルと情熱を持った候補者を選びます。その後、個々の能力や志向に合わせてカスタマイズされた育成プログラムを提供し、彼らが最大限に成長できるようサポートしています。

Comments


bottom of page