top of page
検索
  • 三好 雄介

最強の№2

ここまでははっきり言ってきませんでした。

それは私の能力についてです。


私は良い商品を開発し、爆発的な人気を作り出し、人々を感動させることができません。

まったくできないわけではないのですが、この才能に溢れる天才たちと出会ってしまっています。

はじめて、自分にはその才能が全くないと気付いたときは、独立をあきらめました。

自己肯定感もかなり低めでした。

しかし、先輩や上司、社長は私をとても評価してくれていました。

もちろん気付いていました、お世辞ということは。

しかし、しかし、どうやらお世辞ではなかったようです。

それは、私には何かを開発する能力はほとんどありませんが、その開発した商品に命を込めて説明する『営業』、仕組化するために必要な手順や重要な『人間関係構築』、リスクを予測し回避する『仕組みを構築』、経営者の意図と現場の現状を擦り合わせ、『利益を最大化』する、相手の欲しい結果とこちらの欲しい結果の本質を見抜き『WIN-WIN』の関係をいち早く作り上げる能力があったからです。

要するに、0→1は苦手ですが、1→10・1→100がめちゃくちゃ得意でした。

まさしく"最強の№2"です。

そして、その"最強の№2”の本領が発揮されるのが【コンサルタント】という職業でした。

私は、コンサルタントが天職だと感じています。

一体の世の中の何人が自分の天職と巡り合えるでしょうか。

そして、毎日輝いている人は何人でしょうか。


私の仕事はそんな人と"さらなる高み"を目指していく仕事です。







閲覧数:236回0件のコメント

最新記事

すべて表示

【管理職としての心がまえ】

【管理職としての心がまえ】 決断をためらわず、果断に行動する。 責任を全うし、チームの成功を最優先に考える。 失敗を恐れず、挑戦を受け入れる。 リーダーシップを発揮し、目標達成に向けて率先して努力する。 ビジョンを明確にし、方向性を示す。 チームメンバーの能力を引き出し、育成に努める。 変化を受け入れ、柔軟に対応する。 時には厳しく、時には温かく接する。 常に成長し続け、自己啓発に努める。 目的に

α世代への指導の秘訣: デジタルネイティブと創造性を尊重するアプローチ

こんにちはみなさん!今回は、新たな世代「α(アルファ)世代」への指導についてお話ししたいと思います。α世代は、2010年から2024年頃に生まれた世代を指し、Z世代の次に続く新たな世代です。彼らは、デジタルネイティブとして育ち、個性を大切にする傾向があります。では、このα世代への指導にはどのようなアプローチが効果的なのでしょうか?さっそく見ていきましょう! 1. デジタル技術を活用した学習環境の提

生成AIに書いてもらいました!

みなさん、こんにちは! 今日は、私たちのベンチャー企業がどのようにして優秀な幹部を育成してきたかについてお話したいと思います。 人材発掘と育成: 最初に、優秀な人材を見つけ出すことが重要です。私たちの会社では、採用プロセスにおいて、ポテンシャルと情熱を持った候補者を選びます。その後、個々の能力や志向に合わせてカスタマイズされた育成プログラムを提供し、彼らが最大限に成長できるようサポートしています。

Comments


bottom of page